【不祥事】捜査車両で60キロの速度超過!巡査部長を懲戒処分

令和1年12月6日、静岡南署巡査部長が東京都内の国道を捜査車両にて121キロで走行し、61キロの速度超過で検挙された。

概要

令和1年12月6日正午、静岡南署巡査部長が東京都内の国道を捜査車両にて時速121キロで走行し、61キロの速度超過で検挙された。 同月20日、巡査部長を懲戒処分とした。

調べに対して巡査部長は、「道を間違えてしまい、先を急いでいた」と話している。

巡査部長は県外で捜査のため都内を訪れており、助手席には別の巡査部長も同乗していた。
同乗していた巡査部長に対しては所属長からの注意処分となった。

管理人の解説

今回警察官が運転していた捜査車両とは、パトカーではなく、普通の車のことです。

時速50㎞以上の速度超過は12点ですので、今回の61㎞の速度超過は免停となります。

  • 免許取り消し…6点
  • 免許停止…15点

ちなみに緊急車両であっても速度制限はあり、一般道で時速80㎞高速道路で時速100㎞までとなっています。赤色灯をつけてサイレンを鳴らしていないパトカーは、一般車両と同じ扱いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました