【不祥事】一般人が警察官を逮捕!山形県警警視が勤務中に万引き

令和1年12月、山形市の百貨店で山形県警の警視が蟹などの缶詰めを5点盗み、窃盗の容疑で現行逮捕された。

概要

令和1年12月9日午前11時20分頃、山形市にある百貨店で、山形警察署の警視が蟹や牛タンなどの缶詰めを5点万引きし、一般人に窃盗の容疑で現行犯逮捕された。

犯行を現認した警備員が店の外で声をかけたところ、やにわに逃走したため追跡を行い、その様子を目撃した通行人によって現行犯逮捕された。

調べに対して、被疑者は容疑を認めている。

事件当時、被疑者は勤務中であり、スーツ姿で万引きしていた。

管理人の解説

今回の事件について2つのポイントに注目して解説していきます。

1つ目のポイントは逮捕された警察官の階級についてです。

まず、逮捕された警察官の階級は高く、警察官全体で2.5%ほどしかいません。

上から5番目の階級ですが、限られたら人数しかいない階級であり、かなりえらい立場の警察官と言えます。

そのため、給料に関しても申し分なく、万引きするほど困っているわけではないはずです。

いずれにしろ、そんな地位の警察官が缶詰めを万引きをした事実は、地域の人を信頼を大きく裏切る行為だったと言えます。

2つ目は一般人による現行犯逮捕についてです。

よく痴漢や窃盗などで、一般人が現行犯逮捕したというニュースを聞いたりするように、現行犯逮捕は一般人でもできます。

ただし、罪を犯した人をやみくもに逮捕できるわけではなく、逃亡の恐れや罪証隠滅のおそれがあるか等、いくつかの要件が必要になってきます。

※逮捕の要件についての詳細はこちら

例えば、被疑者が抵抗する様子もなく、名前などもわかっていて、逮捕の必要性がない場合に取り押さえてしまうと、逮捕しようとした人が暴行罪等に問われる可能性もあります。

そのため、やみくもに逮捕出来るという考え方は誤った認識となります。

今回のケースでは、全く問題のない逮捕だったということです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました