札幌市中央区の保育士が園児にわいせつ行為!昼寝中に下半身触る

令和2年1月16日午後3時頃、北海道札幌市中央区の保育園で、32歳の保育士の男が寝ている男児の下半身を触ったとして強制わいせつの疑いで現行犯逮捕された。

概要

令和2年1月16日午後3時頃、北海道札幌市中央区の保育園で、32歳の保育士の男が寝ている男児の下半身を触ったとして強制わいせつの疑いで現行犯逮捕された。

上記時刻、被疑者は勤務先である札幌市立の保育園で、他の園児と昼寝中だった男児の下半身を触り、迎えに来た母親に犯行を目撃された。
母親は警察に通報し、駆けつけた警察官によって被疑者は現行犯逮捕された。

調べに対し、被疑者は「興味があってやった」などと話しており、警察は余罪について調べている。

管理人の解説

今回の事件は、多くの保護者がショックを受けるような内容でした。
自分の愛する子供が、保育士によってわいせつ行為をされていたなんて考えたくありませんよね。

おそらくは、余罪があると思われますので、しっかりと裁かれてほしいと思います。

札幌市では、1月なってからも性犯罪が多発しています。
※下記記事ご参照ください。

しかし、実際の犯罪件数は報道されている件数よりも圧倒的に多いため、決して安心できる地域とは言えないかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました