恵庭市の国道で事故!オートバイ運転手が乗用車と衝突し死亡

令和2年4月19日午後3時半頃、恵庭市の国道で、オートバイを運転していた20代男性が乗用車と衝突し、男性が死亡する事故があった。

概要

令和2年4月19日午後3時半頃、恵庭市盤尻の国道453号で、オートバイを運転していた20代男性が乗用車と衝突し、男性が死亡する事故があった。

上記日時、支笏湖から札幌方面に走行していたオートバイが、左カーブで転倒し、そのはずみで運転手が対向車線に飛び出し乗用車にはねられた。

この事故で、オートバイを運転していた札幌市の20台男性が全身を強く打ち、死亡した。
警察は、オートバイがカーブでバランスを崩したかどうかなど原因を調べている。

管理人の解説

今回は、警察官がパトカーを運転する際に気を付けていることについて解説します。

まず、勤務が始まる際は、パトカーのランプが全て正常に作動しているか確認をしてから交番へ向かいます。

そして、走行中に気を付けるのは運転手だけではなく、助手席にいる人も危険がないか確認し、異常があれば運転手に伝えます。
右左折時の歩行者の有無や前方で車が停車していたときの注意など、常に道路状況に目を光らせ、事故防止に務めます。

また、駐車の際は、助手席の人が車外に出て誘導を行います。

警察官は普通の会社などではないほど慎重に安全確認を行いながら、パトカーを運転しているのです。(基本的には…)

コメント

タイトルとURLをコピーしました