警察官のやりがいや魅力を紹介!

激務と言われる警察官のやりがいや魅力について紹介していきます。

やりがい&魅力

①やりがい

悪人を逮捕できる

犯人を逮捕することで地域の平和を守ることができるため、非常にやりがいを感じることができます。
また、犯人逮捕の手がかりを見つけた時は嬉しい気持ちになります。

交通違反者の取り締まりも、点数稼ぎなどと批判する人は多いですが、もし取り締まりを行わなかった場合、悲惨な事故が爆発的に増えてしまいますので、取り締まりは間違いなく地域に貢献していると言えます。
実際に事故現場や被害者とその家族を見たら、運転の考え方が変わる人もいるでしょう。

このように犯人や交通違反者を減らす仕事は、非常にやりがいがあります。

感謝される

SNSなどでは、批判が多い警察官ですが実際の世の中はそんなことばかりではありません。
もちろん粗悪な態度の人もいますが、困った人を助けてあげると感謝をしてくれる人もいますので、自分の力が約に立てたと実感できます。

困難を乗り越える

警察官は、難しい書類の書き方を覚えたり、厳しい訓練を積んだりなど、想像つかないくらいの困難が非常に多くあります。
その分、乗り越えたときは返ってくるものも大きいです。

何事も困難が多いときほど、乗り越えた時にやりがいや喜びを感じます。

②魅力

経済面で安定している

警察官は地方公務員のため、一般の会社のように倒産したりリストラされたりすることはありません(不祥事を起こさなけされば)。
しかも、手当が多いため他の公務員よりも給料が良く、平均年収が約700万円ほどとなっています。
また退職金も平均で2200万円ほどもらえるため、経済面においても生涯安定といえるでしょう。

スキルが磨かれる

法律の知識や対応力、制圧する力等が付きますので、人間としてのスキルが上がります。

その分努力することになりますが、プライベートでもいざというときに頼りになりますので、自身を成長させたいというストイックな人には向いている職業です。

3日に1回の勤務

交番の警察官は三交代制などの当直勤務のため3日1回の勤務となっており、あとは非番・労休と実質2日間が休みです。

ただし、全ての警察官が非番日にすぐ帰れるわけではなく、多くの警察官は午後~夕方まで残業しています。
また、刑事などの部署に異動するとほとんどが日勤勤務となってしまいますので、警察官全てが、3日に1回の勤務というわけではありませんので注意してください。

特殊な経験ができる

警察官は、けん銃や手錠の使用、犯人の逮捕・捜査など一般社会では経験できない特殊な仕事内容となっています。

慣れると当たり前のことになってなんとも思えなくなりますが、自分がパトカーを運転したり、交通違反者を取り締まったりするなど、特殊な経験あができるのは大きな魅力だと言えます。

警察官に向いている人の性格

上記のようなやりがいを紹介しましたが、実は現場の警察官は常に「市民のために」と思って働いている人はあまりいないのが現実です。
正しい考え方や、被害者の気持ちを考えて捜査することはありますが、変な使命感を持って勤務はしていません。
例えると、「お客様のために」と言いながら営業している人と同じような感じですね。

警察官に向いている人は、根性があったり、努力家の人だったりして、そこまで強い正義感は求められなかったりします。
逆に真面目過ぎる人は、メンタルが持たなかったりするため向いていない場合があるのです。

警察官に向いている人の性格や能力について興味ある方は、下記記事でご確認ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました