手稲区で車が川に転落!75歳女性の遺体が見つかる

令和2年4月25日午前8時半頃、札幌市手稲区で、川に転落していた車の中から75歳女性が死亡しているのが発見された。

概要

令和2年4月25日午前8時半頃、札幌市手稲区で、川に転落していた車の中から75歳女性が死亡しているのが発見された。

上記日時、札幌市手稲区手稲本町で「車が崖の下に落ちている」と警察に通報があり、駆け付けた消防や警察によって車内から死亡した女性1人が発見された。
現場は山あいを通る片側1車線の道路の近くにある川で、道路から2メートルほど下を流れる小川を塞ぐように車が転落していたという。

パート従業員である女性は、24日午後3時頃に現場近くの職場を出たのを目撃されたてから行方がわからなくなっており、同僚や警察などが探していた。
警察は帰宅する途中に誤って川に落ちたとみて事故の詳しい状況を調べている。

管理人の解説

今回は遺体が発見されたときについて少し解説します。

遺体が発見された場合、検死を行って遺族に引き渡すまでは警察署で遺体を安置しておくことになります。

安置所は、遺体が腐敗しないように低温で安置されます。
また、部屋の掃除なども警察官の手によってきちんと行われます。

このように警察官は遺体と接することが非常に多いため、一般の方と違って抵抗や恐怖心などはあまりなくなっていくのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました