愛知県の警察官3人が制圧した男性死亡!

令和2年1月12日午後4時50分頃、愛知県稲沢署地域課の巡査部長ら3人が公務執行妨害で現行犯逮捕した男性を制圧したところ、男性は意識を失い、搬送先の病院で死亡した。

概要

令和2年1月12日午後4時50分頃、愛知県稲沢署地域課の巡査部長ら3人が公務執行妨害で現行犯逮捕した男性を制圧したところ、男性(57歳)は意識を失い、搬送先の病院で死亡した。

男性は、地域の会合でトラブルになり、通報を受けて駆けつけた警察官に保護され、男性の自宅まで送られていた。その際、男性がパトカーのサイドミラーを壊し職務を妨害したとして公務執行妨害で現行犯逮捕された。逮捕後も男性が暴れたため、警察官に3人に取り押さえられていたが、意識不明となり、その後搬送先の病院で死亡した。

警察は死因や適正な制圧だったかどうか調べている。

管理人の解説

昨年4月にも制圧した男性が死亡したという事案もありましたが、この時は外国人男性が警察官を殴ったり椅子を投げたりしていてかなり緊迫感があったことが予想されるものでした。

しかし、今回の場合はどうなのでしょうか。
サイドミラーは壊したのはわかりましたが、実際どの程度暴れていたのでしょう。
制圧されていたのは57歳の男性であり、本当に警察官3人で制圧する程だったのか等も死因と併せて調べる必要があると思います。

昨年の制圧した男性の死亡記事についてはこちら

↓↓↓↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました