札幌市北区の殺人事件で横領容疑の男を再逮捕の方針!

令和1年10月頃に札幌市北区新琴似に住むコンビニ経営者の男性が殺害された事件で、業務上横領容疑で逮捕した男を殺人の疑いで再逮捕する方針であることがわかった。

概要

令和1年10月頃に札幌市北区新琴似に住むコンビニ経営者の男性が首を絞められて殺害された事件で、翌年1月23日に業務上横領容疑で逮捕した男を殺人の疑いで再逮捕する方針であることがわかった。

業務上横領での逮捕の経緯はこちら

↓↓↓↓↓


警察によると、男は被害者の男性に借金があり、金銭トラブルが殺害の原因だった可能性があるとみている。

管理人の解説

今回の事件は借金していた相手から横領した上、殺害するという極めて身勝手な犯行であり、許されるものではありません。

殺害された男性が発見された当日に、被疑者は警察署へ出向き、「阿部さんと面識があり、捜査に協力したい」と協力する姿勢を示していましたが、やはりこれは捜査の対象から外れるための策略だったのでしょう。

むしろ、名乗り出てきた方が捜査の対象になると思いますが…。

ちなみに殺人事件を担当するのは、捜査第一課の刑事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました