救急車にたばこの箱を投げつける!傷病人の搬送を妨害

令和2年4月18日午後7時40分頃、札幌市東区北41条東16丁目の路上で、45歳会社員の男が傷病人を搬送中の救急車にたばこの箱を投げつけ職務を妨害したとして、公務執行妨害の疑いで逮捕された。

概要

令和2年4月18日午後7時40分頃、札幌市東区北41条東16丁目の路上で、同区に住む45歳会社員の男が傷病人を搬送中の救急車にたばこの箱を投げつけ職務を妨害したとして、公務執行妨害の疑いで逮捕された。

上記日時、男は傷病人を搬送中の救急車にライターが入ったたばこの箱を投げつけ、何かがぶつかったことに気がついた救急隊員は確認のため救急車を一時停車した。
停車後、男が救急隊員に因縁をつける等したため、約10分間救急搬送が滞ったが、傷病人は別の救急車で病院に搬送され無事であった。

調べに対して男は、「たばこの箱を投げつけたのは間違いない。救急車のサイレンの音を聞いて交際相手がパニック障害を起こした。その救急車が、こちらに向かって走ってきたので、誰かが助けを呼んでくれたと思ったのに、通り過ぎようとしたので頭に来た」と話している。
事件当時、男は交際相手と行った居酒屋からの帰宅途中で、酒に酔っていた。
警察は男から事情を聞き、詳しく調べている。

管理人の解説

公務執行妨害について解説します。

公務執行妨害とは、その名の通り公務の執行を妨害する行為のことで、暴行や脅迫によって、公務員の業務を妨害した場合に成立します。
よく警察官が公務執行妨害で現行犯逮捕していますが、公務には公立学校の教員や、消防、自衛隊などの様々な職種があり、警察官だけが該当する法律というわけではありません。

そのため、今回の事件では救急隊員の公務を妨害したため逮捕されたのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました